プロフィール

悠久 猛

Author:悠久 猛
☆ブログミ始めました☆

現在、体調不良により職なしの病弱な青年。
不眠症と過食症、2重のストレス症に悩んでます。
最近の趣味は散歩。鉛を手に付けてダイエット。

「60まで生きて60で死にたい」が口癖。
長生きしたくないけど早死にしたいと思うほど欲が無いわけじゃないのを誤解されるのが嫌。

業者などにはもれなくギロチンをプレゼントしたくなりますが、お客様にはお茶と菓子でもてなしたくなります。

こんな野郎だけど仲良くしてね☆

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/11/29 (Wed) 10:43
俺的批評:ケイゾク

上司との血で血を洗いかねない不仲が周りに発覚して数日。
不思議と他の上司との交友が増えました(笑)

さてさて、ずいぶんとまた懐かしいものを持ってきました。
いや、役者全員みな若いねぇ~。
作品自体はベタベタなネタが良い隠し味になり、本編の推理を引き立てています。
注目点はやはり真山さんが犯人に突きつける言葉。
歩く死神の某小学生化した高校生探偵のような犯人のメロドラマをも「お前の都合だろ?」みたいに相手を転落させる現実的かつ厳しい言葉ですね。
しかも犯人が自殺しかねない言葉をヘラヘラっと言うのは寒気すら感じます。

が、欠点は遊びが過ぎて後半はミステリと言うかサイコホラーとジャンルが摩り替わって視聴者を無視した展開になる点ですね。
続編にして最終章の「ケイゾク 映画(もしくはダイエット版)」はケイゾク本編とゴールデンで放送された映画とのつなぎにあたる話を見ていないと(見ていても、ですけど)、まったく内容が理解できません。

原因としては物語の裏で暗躍している天才的犯罪者(ケイゾクの最終話まで前科はありませんけど)・朝倉の天才っぷりを表現しようと無茶した監督と脚本の無謀の結果ですね。
当時から催眠術での自殺ないし殺人は不可能なのをやり遂げたり、映画では無人島一つを霊的か幻覚かのヤバイ世界に変えたりと、どうしようもありません。

しかしまぁ、笑い所が異常に面白かったりするのでミステリとかサイコだとかジャンルを出来る限りスルーして見ると良いでしょう。
スポンサーサイト

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。