プロフィール

悠久 猛

Author:悠久 猛
☆ブログミ始めました☆

現在、体調不良により職なしの病弱な青年。
不眠症と過食症、2重のストレス症に悩んでます。
最近の趣味は散歩。鉛を手に付けてダイエット。

「60まで生きて60で死にたい」が口癖。
長生きしたくないけど早死にしたいと思うほど欲が無いわけじゃないのを誤解されるのが嫌。

業者などにはもれなくギロチンをプレゼントしたくなりますが、お客様にはお茶と菓子でもてなしたくなります。

こんな野郎だけど仲良くしてね☆

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/07/10 (Sat) 01:25
俺的突発批評:Angel Beats!

夜中に本日2発目の批評。
この作品、原作者の人(keyの脚本家でしたっけ?)は「絶対面白い、観ないと損」みたいなことを抜かしていますが、あえて言いましょう世界観の押し付け気持ち悪い。
第5話のAパートのギャグは不覚にもツボにきましたが、作品全体を通して「世界観の説明不足の状態で丸投げ」「キャラクターの説明不足」「作品のテンポの悪さ」等など、不満な点は数え切れず。
致命的なのは脚本家が自分のイメージしたストーリーを視聴者に伝える気がないように見えるほどの自己満足っぷり。
これを名作といえる人間が居たのなら、その人間の人格全てを疑いますね。気色が悪い。

さて、大分疲れてきたのでではでは~
スポンサーサイト

2010/07/10 (Sat) 01:15
俺的一発批評(?):ストライクウィッチーズ

夜中に、うろ覚えの作品を突発的に批評します。

さてさて、この「ストライクウィッチーズ」ですが、はっきり言いましょう。
つまらない
萌えキャラの、原画家の趣味での「戦争ごっこ」
視聴率に困ったら入浴シーン(DVD特典で湯気が消える)で乳臭いガキどもの裸晒してごまかす汚い手法。
シナリオは破綻。キャラが多くその全員を生かしきれて居ません。
以上、突発でした。反論は面倒なので受け入れません。

2010/06/28 (Mon) 16:28
俺敵趣味:NARUTO ~疾風伝~ ヒナタは可愛い。サクラは氏ね。

仮面サイダー缶にはまってます。
どもども、猛です。
いや~、体に悪いと分かっていてもサイダーを毎日飲みながら内職してます。
喉を程よく潤してくれます。
後、作業用BGMにアニメDTB2期OP「ツキアカリのミチシルベ」を追加して気分上場。
いい曲なんですよ。

さてさて、そろそろ一週間たちますが、アニメ版NARUTOのヒナタの回、本当に良い。
とりあえず、ニコニコの動画でも張っておきますね。
コメント非表示推奨です。
後、サクラ豚氏ね。



2010/06/24 (Thu) 20:07
俺敵趣味:アニメ「NARUTO ~疾風伝~」 ヒナタの回を観て

明日は病院、憂鬱な日(´・ω・`)
どもども、猛です。
しぶとく生きてます。
とは言え、最近は手に力が突然入らなくなったり1日中水分が足りなかったりと結構ヤヴァいですけどね。

さてさて、私、実はNARUTOの隠れファンだったりします。
リア友に「あんな陰鬱な漫画のどこが面白い」とか直球で言われて胸を痛めましたがキニシテナイデスヨ。
ただ、アニメ版は作画崩壊・手抜きが多いのでこちらは好きでなかったりします。
ですが、今回、6/24の回はヒナタオンリーで中々魅せてくれました。
途中で挿入されたオリジナルストーリーも良く、久しぶりにアニメで、(先の展開を知っているとは言え)息を飲んで観ていました。
ナル×ヒナ派の私としてはもうね、こんな娘に惚れられたいです。
……まぁ、リアルの恋愛は面倒なのでもうご馳走様ですけど。
コホン、とりあえず、ヒナタの健気さが尋常じゃなかったので思わず記事にしてしまいましたとさ。

では、また体調が良いときにでもブログの更新します。
(^^ノシ

2008/08/12 (Tue) 23:23
俺的批評:天元突破グレンラガン

まさに天国の階段!
どもども~、相変わらず日中の室内温度にまいっている猛です。
起床時間が早くなり、不眠症が大分治まったと言いたいところですが……多分、暑いから目が覚めてるんだろうな。睡眠薬の効果が起きても続いているので逆に辛い。
執筆もいまひとつ。
う~ん、学生時代の書きかけの小説をちょちょいと改良してネット小説でも始めようかな?
まぁ、グロテスクな表現の多い、Z指定ものなんですけどね
……益々気が滅入るっちゅーの。

さて、来月劇場版が公開されるグレンラガンでもさっくりと書きますか。
てかこの記事、過去2回ほど書きかけたのですが、PCが落ちて記事が消える症状が出たので今回は3度目の正直でガンガります(`・ω・´)ノ
とりあえずあらすじ、第1部だけどぞ

人が地底に穴を掘って暮らすのが当然と思われた時から始まる物語。
地底で暮らすには穴を掘り、人と家畜が住めるスペースを掘らなければならない。
しかし、掘れば掘るほど「地震」といった自然災害で村が潰れてもおかしくない、不安定な世界。
主人公のシモン(当時14)はジーハ村で1番の穴掘り師。穴を掘るしか能のない内気な少年であるが、その本質を唯一知る兄貴分カミナはシモンを巻き込み、悪ガキ達で構成したグレン団を率いて地底村ジーハ村の「天井」を突き破り、幼い頃に見た「地上」へ出ようとするも失敗。
牢屋にぶちこまれたカミナだが、シモンは「あるもの」を見つけ、それを見せたいがためにカミナを脱獄させるが村長にバレてしまう。
その時、「天井」から巨大な顔を持ったロボットと電磁ライフルを持つヨーコが落ちてきた。
そこから、シモン達グレン団の壮大な戦いが始まった!

こんなところ?
まぁぶっちゃけ、メジャーだし1年も前に放送した作品なので今更感が強いです。
……PCさえ落ちなければ……
コホン!
え~っと、ガイナックス久々のオリジナルアニメにしてガイナックスが毎度やらかす不祥事もありましたが、総合評価は五段階評価中、限界突破するほど面白いです。まじで。
あくまでも「ドリル」にこだわる姿勢が作品の哲学的な部分に説得力を出し、少ない話数で4部構成を綺麗にまとめています。
「少ない話数で~」っていうのは難しいんですよ。どこぞの種は50そこら話数を持ちながらまとめきれませんでしたし、コードギアス(R1)も絶大な人気を持っているものの当時は深夜枠でしかも話数が少なく、続編(R2)無しでは謎が余りにも多すぎました。
その辺りを比較して、グレンラガンに勝てる「まとまり」はそうそうないでしょう。
メカデザインについても「こいつ、動くぞ!」ってぐらい豊かな動きに、イマイチかっこ悪いガンメンもかっこよく見えたり可愛く見えたり、本当に愉快。
そして、グレンラガンといえば見得を切り方。
魂で感じましょう。
……まぁ、スタッフの「裏番組問題」など、やらかしてくれましたがそれでも良いものは良いと圧倒されます。
うん、これ以上はさらに深刻な褒め言葉しかでないので本編見よう!ってとこ。
劇場版はなんか、総集編な悪寒がしますが……多分、見に行くかも。
劇場EVEと同時進行で製作しているそうなので、出来栄えに不安を感じます;--

あー、疲れた(´・ω・`)
であであ~ノシ

| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。