プロフィール

悠久 猛

Author:悠久 猛
☆ブログミ始めました☆

現在、体調不良により職なしの病弱な青年。
不眠症と過食症、2重のストレス症に悩んでます。
最近の趣味は散歩。鉛を手に付けてダイエット。

「60まで生きて60で死にたい」が口癖。
長生きしたくないけど早死にしたいと思うほど欲が無いわけじゃないのを誤解されるのが嫌。

業者などにはもれなくギロチンをプレゼントしたくなりますが、お客様にはお茶と菓子でもてなしたくなります。

こんな野郎だけど仲良くしてね☆

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/02/24 (Tue) 22:03
俺的悪評:機動戦士ガンダムSEED(種死含む)

ネタ不足ネタ不足。
どうも、やる気の無い猛です。
睡眠薬が効きすぎor殆ど効かない状態なので、集中力がゼロに近いです(´・ω・`)
うーん、日中は鬱で何もやる気が出ないので参ってます。

さて、久々の更新。
ガンダム00は面白いんですが、何事も順番。
今回は種と種死をまとめて書きます。

1stとZを観ましょう。
それにお茶を濁したのが種&種死です


うん、こんな感じ。
これを劇場化? 鼻で笑ってしまいます。
新しい作品を作れないのにクリエーターを名乗る者に、まともな評価なんて出来ません。
少なくとも、私如き器量ではね。
劇場化予定の種で話を絞るとして、「21世紀のガンダム」を名目に1stのストーリー展開に乗っかって、Zの三竦み状態に持ち込んで、富野監督が危惧して映像化を抑えた「ビット(ファンネル)による戦闘の簡略化」を再現させると、評価すべきところが限りなく少ない。
「ガンダム作品を知らない子供にカンダムを知らしめた」という点は確かに凄い、実質、DVD売り上げのおかげで福田夫妻負債は降板を逃れましたしね。
でも、「作品を公開した責任」というのにまったく気付いていない間抜けなものでもあります。
気分で戦争をする、兵器を美化する、核をただの強い爆弾としか表現しない。
「戦争なんてやってみなくちゃ気持ちは分からないから自分達には分からない」と負債は言いますが(某専門学校での発言らしいですが)、戦争資料を読んで何も感じなかったのでしょうか? だとしたらプロを名乗って言い分けないですね。
製作陣の多くを敵に回した嫁のほうは倒れてなお寝言を言う始末。てか、嫁は旦那がいないと仕事もらえないドアマチュアなんですけどね。
コホン、種死にいたっては「思想なきテロ」を正当化と、どうしようもないことしてます。

あ~、体力と集中力の限界。
これ以上の書き込みはだるいので、たま~に気が向いたら更新します。
ちなみに私、種と種死は「ガンダム」に分類する気はないのでそこんとこよろしく。
であであ~ノシ
スポンサーサイト

<< 俺的批評:侍道3(X-BOX360版) | ホーム | 俺的批評:Blade Chronicle(クローズβ) >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。