プロフィール

悠久 猛

Author:悠久 猛
☆ブログミ始めました☆

現在、体調不良により職なしの病弱な青年。
不眠症と過食症、2重のストレス症に悩んでます。
最近の趣味は散歩。鉛を手に付けてダイエット。

「60まで生きて60で死にたい」が口癖。
長生きしたくないけど早死にしたいと思うほど欲が無いわけじゃないのを誤解されるのが嫌。

業者などにはもれなくギロチンをプレゼントしたくなりますが、お客様にはお茶と菓子でもてなしたくなります。

こんな野郎だけど仲良くしてね☆

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/09/02 (Tue) 21:32
俺的批評:ジャンパー

ナツゲーやりてぇな……
どもども、微熱でぼーっとしている猛です。
鼻が詰まってきたので風邪気味かな? まぁいつものことですが。
いやいやでもでも、この蒸し暑い天気もどうかと思います。秋が恋しい。
秋は一番好きな季節なんですよねー。
「読書」「食欲」「紅葉」などなどありますが、私的には程よく涼しいので一番心が落ち着く季節なんですよ。
……よし、10月になったら清酒片手に一人で月見をしよう!
それまでは文筆文筆。ちびちび進んでいるし、11月締め切りのも目処が立ったのでガンガンぞー!!

さてさて、久々に映画批評でも。
と、言うのもこれ言い訳ですが、最近はあまり見たい映画がなかったり。
「あまり」ってだけで見たいのもあったのですが……レンタルショップで貸切or置いてないが続いてるので最近は疎遠でした。
ま、2ヶ月待って今回の紹介「ジャンパー」を借りてきたのでちょいちょいとあらすじでも。

幼いころに家を出た母と飲んだくれの父を持つ主人公「デヴィット・ライス」は15歳のとき、冬の凍った川に落ちて溺れた拍子に瞬間移動能力(「ジャンパー」の力)に目覚め、銀行の金を盗んだ。
10年後、落ちぶれていく父を見放し能力で盗んだ金で気ままにしてどこか空虚な一人暮らしを始めるデヴィット。
と、偶然にも10年前の片思いの女性「ミリー」と再会し、デートをOKされたのだがそこに「ジャンパー」の命を狙う「パラディン」と呼ばれる組織が現れる……

こんなところ?
この映画、実は今年1月頃に放映されてて見に行きたかったのですが、如何せんリア友は一人を除いて実写映画にあまり興味が無い(残り一人は戦争物しか見ねぇw)ので、レンタル街してはや1ヶ月とちょっとでようやく見れました。
パッケージはB級臭いですが、作品はシナリオも演技も中々のもの。てか良いです。
ジャンパーの能力に対するパラディン脅威の科学力と、なかなかどうして面白い。
……まぁ、ミリーという人物に、まぁ仕方が無いとは言え「このわがまま娘(25は娘か?)め!」と思ってしまいます。いや、いきなり事件に巻き込まれてるから仕方ないですけど。
パラディンのリーダー「ローランド」の演出は異常。かっこよすぎです。
つくづく、劇場で見ればよかったと影で泣いた一品でした。
後、オマケで昔懐かしの「Xファイル」の第1話が見れますよ。
うーん、モルダーの電波を久々に浴びましたさw

しゃて、そろそろ風呂のダシになってから文章の世界にダイビングするかな?
まだ熱っぽいけど、湧き上がるこの「書きたい」という衝動を誰が止められる!!
……あぁ、頭痛い(;´・ω・`)

2008/06/29 (Sun) 21:38
俺的趣味:アラド戦記 ~今日は何の日だ? こうレアが続くと逆に怖い~

どもども~、外は寒くて部屋は蒸し風呂に悩む男こと猛です。
あ”~、とりあえずエアコンのドライ機能で部屋の湿気を押さえてますが、どうにもこうにもこの蒸し暑さがとれない!
しかも微熱が出てる中、アラドやって悪化させるド阿呆っぷり。
それでも、バ○ァリンあたりを飲んで文筆せな。
最近は遊びっぱなし(;--)

そんなアラドのお話。
とりあえず、クリーチャーの空腹の減りの早さと回復の遅さに、運営からの「餌を買え」という地の底から聞こえてくるうめき声を無視してPC放置。
んで、リア友連中がアラドに入ってるのに気付き、挨拶だけして速攻PvPへ行きましたwww
いやいや、もうLv46っすよ?
勝ち点もそろそろ上げたいじゃないですか?
人との競い合いはあまり好きじゃないけど、そういう仕様なら戦うしかないじゃないか!
それをギルメンにも伝えたい!
……ま、聞こえないでしょうけど(けっ!)
しかしながら私のPSは何度も書きますが低い!
PvP、特に1vs1ではたかがネトゲなのに上がり症が発動して、どうもぎこちない動きをしてしまいます。
チームメイトの皆さん、優しくしてくれてありがとう(´・ω・`)
んで、今日は一部屋しか入ってませんが……
ええい、化け物か!?
と、泣きなくなるほど相手チームに強い方がいらっしゃったんですよ。
つか、鬼って全体的に強キャラになってるねー。
阿修羅の波動開放、回避技なのにおもいっきりHP削られました。
威力あるし、範囲あるし、なんかクールタイム速いしで涙。
後、別職の技なのかな? なんかエレマスの「ヴォイド」みたいなの飛ばしてきて、食らうとえらい痛いんですよ(´・ω・`)
その上、使う人が強いので手も足も出ない!
一時、相手方に阿修羅が2人いましたが、失礼ながら後から来た阿修羅の方は速攻で倒させていただきました。南無。無言入室・無言退出した方のなのであまり失礼と思って書いていない罠ですけどね。
後、サモナですね。
4vs4で美味いことバックポジションをキープして手順のメンドイ王様、エチェベリをぽんぽーんと呼ぶから困る。
エチェベリ1体呼ばれるともうどうしようもないorz
んで、PvPで一番サモナが嫌われてるのごとく、処理が重くなって自分の動作が分からなくなる。
うーん、我が家の回線、今以上に早くしようと思ったら結構な額になるし、換えても大差ない速度と業者の人に言われたからPvPでサモナが来たら終わるね(´・ω・`)
それプラス、途中でメカの人が相手方に来たからもう処理落ち合戦。
一回、PCが落ちかけましたし(;--)
そのときのチームメイトの皆さん、本当に申し訳ありませんorz
本当に、申し訳ありませんでした!!
大切なことなので2度言いました。うん。
ま、その後は飯落ちして、復帰してからはギルメンとPT。
稜線に行って経験値収集。
ギルメン曰く
うほっ、(3PTより全然4PTのほうが)クリア早っ!
とのこと。
当たり前じゃい、お前さんのいらん攻撃の邪魔が無かったからな!!
稜線におけるレンジャイでの立ち回りもなれたので、誰かと組んでれば余裕っす。
一回の経験値量は少ないけど、ループするとヘタなダンジョン行くより結果として経験値多いし疲労度も節約できる。
そして向えたゴールドラッシュ。
最初、皆から「おめ」と呼ばれてなんか分からなかった。
ギルメンのLvが上がってたからそれかと思った。
が、それは単に私が鈍いだけだった!
きちゃった、ルードの設計図。
私以外が入手してたらわざわざGの分配なんてめんどくさい、それこそルーレットの神様のお導きだからしないのですが、私が入手した上に皆が分配分配うるさくて困る。
なんだかなーって思いながら、とりあえず所持金がないのでGをもってるギルメンに渡して1M貰った。
後でルード設計図は4Mで売るそうです。
ま、人気商品だからしかたがない……のかな?
Gへの執着がなんか、「ギルドっていう連携上、着るもの履物全部共用」ってなんか馴れ合いよりも気持ち悪いものを感じてならない。
……アイテムだけあげて、G受け取らなきゃよかった。なんか気持ち悪い。
ま、そうも言えなくなる事態がこの後、私を待っていたわけですよ。
その後、ギルメンがコンジュアリングセットの一つを入手しやがったんですよ。
これ、BMの40~45防具で、市場で「35~40のシャドウのほうがスキル効果がいい」ってことからあまり見ないんですよ。
でも、防御力はシャドウシリーズよか高いし、+槍マスタリーがなくなるのは痛いけど装甲の薄いBMとしては欲しい!
んで、ギルメンが「解説プリ」ってことで「BM用だよ~」って言ったらタダでくれた。
タダほど怖いものは無いけれど、サブのBMには欲しいとこだなって思っていたのでつい受け取り。
貸しを作るのは嫌なんですけどね(;--)
人間の弱さを改めて感じました。
そんで解散した後、財布担当のメインでお買い物。
まぁ、勿論コンジュアセット探しです。
とりあえず貰った靴の相場が300k、上着下着が500kでベルトは不明、肩が1Mってところ。
さすがヒューマン耐性導入で人気が失墜したBM、鰤以外の扱いがずさんだぜ!
そんでゴールドラッシュは続きます。
上着を捨て値で90kで購入、下着を捨て値で100k購入。
……ナニコレ?(;´Д`)
ベルトは設計図で1.5Mを発見。これを買ったら馬鹿を見るとスルー。
肩の設計図2Mを発見。以下略。
ま、気長に探せば見つかるでしょう!
BMの楽しみが増えましたw
しかしながら、Gの稼ぎが最近すこぶる悪いので困る。
食料行っても1日の儲けが20kとかザラ。
裏カードも捲ってないのにな。何でだろ?
ま、そこまで一日をアラドに使っているわけではないので仕方がないといえばそうなる。
でも、闇サンKに潜ると300kとか簡単に儲かるのが不思議。いや、レアとか出てないのに。
これは学者探索に行けという神のどーのこーのなのかな?
うーん……
とりあえず、チーズとポーションを稼いできます。
結構たまったよんw
そして遺跡で消耗するんだろうね……orz

2008/06/16 (Mon) 21:44
俺的批評:ザ・コテージ

3本立ての2本目。
ここで、このブログの本文に返ります。
でも、なんでこんな邦画のB級ホラーなんて……。
とりあえずあらすじ。

ある大学生たちが卒業旅行に海外の、オアフ島さながらのリゾート地に遊びに行きました。
人は原住民わずかだけ、春なのに絶好のリゾート日和を満喫してた学生達だが、この島には奇怪な事件や死者が出ていることを知る。
それでも「まぁ関係ねーよ」と遊んでいたとき、原住民が「死者の霊を納める儀式」に使っていた仮面を被った謎の怪人に、次から次へと学生達が殺されていく。
はたして、怪人は何者なのか?
かつて学生達のグループの1人であり、自殺した女の子との関連は?
仲良しグループの裏の顔と真実が徐々に浮き彫りになっていく……

総評としては本当にB級。
面白いかと聞かれれば微妙。
オチは予想通りだったので、レンタル代金を盗まれた感じ。
ただ、一つだけ気に入ったところがあります。
一番怖いのは同じ人間ってところ。
ホラーでやれ幽霊だ、やれ呪いだ、やれ怪物だってのは見てて結構冷めます。
なんかね、もうそういうのは飽きた。
だからってスプラッターはただ気持ち悪いだけで怖くない。
でも、人間の露骨な憎悪って理解しやすいし結構身近なものなので怖いですよ。
先月、私が執筆を断念したホラー物もそういった人間関係の亀裂による恐怖を書きたかったのですが……出版社はあくまでも「幽霊をテーマに!」と限定するので無理に変更し、断念しました。確認しなかった私のほうが悪いんですけどね(;^^A
ま、話がそれたところで、映画そのものは微妙でしたが有名どころの洋画ホラー「リーピング」よりは面白かったです。
リーピングはただ、虫が気持ち悪いだけだった。
虫嫌いな猛でしたw

2008/04/01 (Tue) 21:26
俺的批評:SAW4

う~む…。
ようやく…ようやく探していたものが…。
どもども、猛です。
こう見えても私(いや、ねっとだから見えないけど)、煙草吸うんですよ。
ガラム限定で。
ガラム以外の煙草はあんまり美味しいと感じられないので、よく煙草吸わない人と勘違いされます。
もっとも、私の好みはガラムしか合わなくても、体がガラムにあってないのですぐにふら~っと意識を持っていかれるので1箱買ったら当分買いません。
ですがさること数年前! ガラムを売ってた店が潰れたんですよ(´・ω・`)。
しかも田舎に住んでいるので、ガラムを買いにいこうと思ったらちょっとした旅行になるので諦めてました。
だがしかし! しかししかし!!
例の潰れてしまった店の後にできたコインランドリーの店内限定で売ってたんですよ。
外の自販機に置いてなかったし、コインランドリーなんぞにこんな煙草が売ってるなんて想像つかねーよ(;--)
まぁ、「煙草売ってます」の張り紙でふら~っと店内に入って自分にすげぇ無駄な直感と苦笑しております。

そんなこんなで、今日はSAW4を借りてきました。
過去ログより、何で続編出すかな? と、批難轟々でしたが…まぁ、批難轟々ものでした。
あらすじはいるかな? とりあえずSAWシリーズ見てない人のためにあらすじはあえて書きません。
さて、SAWシリーズの「パターン」を理解していれば「誰がジグソーか?」っていうのは直感で分かります。
本作は「サイコホラー」というより、ネタ切れで「スプラッターホラー」に切り替えた感が強いですね。
無駄にグロいって感じ。もっと恐怖感を出そうと思えば出せたのにと、ちょっとイマイチでした。
まぁ、所詮無理して続編だしたものですから、「こんなものかな~?」というのが総評。
ラストの本家ジグソーの回想セリフからシリーズ完結とも聞こえますし、真の後継者が後継者になった「実績」が描かれていないので続編を出そうと思えば出せる、打算的という感想もでます。
まぁ、好きな人はどうぞって感じです。
私は「好きだった」作品です。
南無南無。

2008/03/22 (Sat) 19:09
俺的批評:「呪怨」シリーズ

うーん、集中力に欠ける今日この頃。
どもども~、悩める青年を自称する猛です。
少しばかり体調が良くなった! と、思ったら喉がボロボロ。
血痰は酷いし声色おかしいはともうボスケテ。
…ストレスかな?

さて、今日は「呪怨」シリーズをちらほらと。
あらすじなんか書くと壮絶なネタバレになるので一切書きません。
この作品、近いうちに新作やると聞いたのでまとめてみてる最中です。
え? 自作小説はどうしたか?
やってますよ!!>(`Д´#)
締め切りまであと一ヶ月、急に行き詰ってるので気分転換。
でも、5月のホラー短編に募集するネタの糸口にという打算的なとこもあります。
さて、話がそれたところで本作は「いかに登場人物が怪死するか」を見る映画です。
ぶっちゃけ、呪いの親子に目を付けられたら国籍関係なく殺されちゃいますから。はい。
で、ホラーを意識してか呪いの打開策なんてものは存在してません。全部バッドエンドです。
ブルーな気持ちで見ると、余計にブルーになります。
だって、普通に怖いんだもの!
私は好きでもないのに、妙にホラー作品を手にとってしまう性分があるのですが…まぁ、普通にオススメですね。メジャーどころで申し訳ないですけど。
洋画版も洋画版で、呪い親子の暴挙は相変わらず。
自重しろ! …と、思ったら私が殺さるので言わず語らず…え”、手遅れ…?(((゚д゚;)))
オリジナルビデオ版では、呪い親子と旦那さんの実態が暴露。
呪い母、サイコさんだったのね(;--)
としお(どんな漢字だったっけ?)は相変わらず猫だし、ほんと怖いわぁ。

とりあえず、OV版にならって、清酒を飲んで呪われないようにして私は私の趣味(仕事と言いたい…言えるようになりたい…)に没頭しますか。
…あ”、薬の関係で酒、飲んじゃダメだった。
気のせいかな?
「あ”あ”あ”あ”」って声が後ろから…?(´・ω・`;)













| ホーム |

PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。